hero-image

Pepperがホームステイにやってきた

Developer
Education
PAC2015 Winter

英語学習の中でも、参考書やアプリでは練習が難しい「スピーキング」をPepperと行うことができないかと考えて開発されたアプリです。これまでの英会話アプリとまったく異なる点は、Pepperから話しかけられることで、半強制的に英語のレッスンが始まることです。

Pepperはユーザーを見つけるとどんどん英語で話しかけ、ユーザーはそれに対する返答を求められます。

英語を聞くこと、話すことがPepperによって自然に日常に取り入れられ、英語を習得するのにもっとも適した環境を構築することができます。

は、家庭内にロボットがいる未来を前提として考えたアプリです。

「ずっと家にいる」

「いつも電源が付いている」

「自立した行動を取る」

「人間味や存在感がある」

といった、Pepperだからこそできる新しい勉強方法です。

また、Pepperは会話の内容をWeb上から取得します。これによってPepperが話す会話内容は常に新鮮さを保ち、ユーザーを飽きさせることがありません。もちろん、これらはWebシステムから随時編集・追加が可能です。